リサイクルトナーは機能の違いがあるのか?

印刷コストを下げたいのであればリサイクルトナーを活用するのが最も確実な方法であると考えられます。しかしながらおいしい話には落とし穴があるのではないかと考える人も多く、実際に導入するまでには極めて慎重な比較検討が行われるのが一般的です。実際にそのような対応するのは正しい選択であるといえます。リサイクルトナーには安さと言う大きなメリットがある一方で、純正品との様々な機能の違いが存在していますので代わりにはならないケースも存在しているのです。このような特徴を十分に把握した上で利用することが、リサイクルトナーの効果的な運用に必要です。特に導入することによって様々なデメリットが発生する場合があることについてはしっかりと理解しなければなりません。

リサイクルトナーの不良品率について

リサイクルトナーで使用するトナーカートリッジは、基本的に純正品で疲れているのと同じものを使用します。純正品と異なっているのはそれが新品ではなく使い回しであると言う点にあります。10製品を使い切ると空容器が残ることになるのですが、その空容器を使用して再生させることがリサイクルと言う言葉の意味する部分です。このように容器の製造コストを必要としないためリサイクルトナーは純正品に比べて非常に安い金額で購入することができるのです。しかしながら中古品を使用することにより純正品に比べて不良品率が高くなるのは避けられません。製造するメーカーによっても大きな違いがありますが、比較的品質の高いリサイクル品を供給している業者でも2%程度の不良品率があると言われています。機能的には全く変わらないものであると言えなくもありませんが、このような特徴が存在している事は知っておくべきです。

リサイクルトナーを導入することによる影響について

リサイクルトナーは基本的には純正品と同じ機能を持っています。しかしながらリサイクルトナーを使用することによってプリンターの修理などのメーカーサポートに大きな影響を及ぼすことがあります。これはリサイクルトナーを使用することによって生じた機械の故障等についてはメーカーの標準的な保守サービスは利用できない場合が多いのです。そのため故障時の修理コストは純正品を使用した場合よりも高くなる事は覚悟しなければなりません。プリンターの購入時に保守契約を結ぶことで何らかのトラブルがあった場合には無償で対応してもらう仕組みが存在していますが、この契約もリサイクルトナーを使用すると無効となるケースが少なくありませんので注意しなければなりません。リサイクルトナーの物理的な機能は純正品とそれほど大きくは変わりませんが、契約上様々な影響が生じるのです。